So-net無料ブログ作成

余興その1

披露宴につきものの余興。依頼された方にとっては頭の痛くなるイベントです。「何をやったらウケるのか?」「カラオケでいいか?」とか、悩ましい問題です。今回はまず最初に心構えから始めます。引き受けたからには恥じらいは捨てて、とにかく一生懸命にやりましょう!! 出し物が決まったら担当プランナーと相談したほうが良いケースもあります。当日事前に準備するモノがある・着替えに時間がかかる・ゲストに事前に告知する必要がある等々ですが、会場のスペース・設備によっては希望どうりにできないこともあります。内容や登場の仕方・紹介については、司会の方や会場スタッフと打合せが必要な場合があります。さて当日「つづいては新婦御友人の方々による余興です。それではお願いいたしまーす!!」なんて感じで紹介されます。指名されたらさっさとスタンバイしちゃいましょう。それぞれの役割はあらかじめきちんと決めておいたほうが良いです。一番まずいのが「もじもじ&ぐだぐだ」です(余興用のお着替えや登場曲がない場合は残念ながらほとんどがこのパターン)。お上品でない言い方ですと「さっさと始めんかいゴラァ!!」って感じです。 新郎・新婦も「頼まなきゃよかったネー」的表情が見えはじめますし、ゲストの方も余興よりも歓談が楽しいよネーって感じになってきます。出し物の内容にもよりますが「場の空気を読む」というのも忘れてはいけません。ゲストの方が「シーン&シラー・・・」ということもよくあります。そういう空気を感じたら早めに次のネタに移るか、締めてしまいましょう。ともかくいったん受けたからには「元気に」「明るく」「自分達も楽しく」という姿勢で披露宴を盛り上げましょう。具体的な内容については次回以降にご紹介できたら、と思っております。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。